便利eelife Java Script

   戻る

指定した項目にジャンプします。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY >
<SELECT name="map" size="1">
<OPTION value="*" selected>-- サイトマップ --</OPTION>
<OPTION value="index.html">トップページ</OPTION>
<OPTION value="news.html">ニュース</OPTION>
<OPTION value="kenkou.html">医療.健康</OPTION>
<OPTION value="ryokou.html">旅行、地域</OPTION>
<OPTION value="seikatu.html">生活</OPTION>
<OPTION value="koutuu.html">交通</OPTION>
<OPTION value="supo-tu.html">スポ-ツ</OPTION>
<OPTION value="entame.html">エンタ-テイメント</OPTION>
<OPTION value="food.html">フ-ド</OPTION>
<OPTION value="woman.htl">女性</OPTION>
<OPTION value="siraberu.html">便利ツ-ル</OPTION>
<OPTION value="keizai.html">経済</OPTION>
<OPTION value="seiji.html">政治・法律</OPTION>
<OPTION value="*">------------</OPTION>
</SELECT><INPUT type="button" value="GO!" onclick="Selc(map)">
</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
function Selc(Obj){
index_nub =Obj.selectedIndex;
alert(index_nub);
link_lst=Obj.options[index_nub].value;
alert(link_lst);
if(link_lst!="*")
location.href=link_lst;

}

// -->
</SCRIPT>
コメント
onclick="Selc(map)" : セレクトメニューの名前"map"を関数Selc(Obj)に渡します。
Obj.selectedIndex : セレクトリストの上からの順番(0から数える)を取得
Obj.options[index_nub].value : OPTIONの値("index.html"、とか"food.html")を得ます。
location.href=link_lst;  : 同一窓でジャンプします。
if(link_lst!="*") : link_lst が"*"でなかったら という意味です。

セレクトメニュー(リストボックス)の設置