便利eelife Java Script

   戻る

メッセージが右から左へ流れます@。
:



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY onload="Scrmsg()">
<FORM name="myFORM"><INPUT type="text" name="tbox" size="18"> :</FORM>

</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
msg0="                         "; //文字数 25;
msg1="ようこそ eelifeへ!!検索と厳選リンク集のサイトです。"; //文字数 30;
i = 0;
s_msg = msg0+msg1;
delay = 200;  //繰り返しの速度

function Scrmsg(){
window.status = s_msg.substr(i,s_msg.length); // ステ-タス行に s_msg をながします。
document.myFORM.tbox.value= "変数 i ="+i; // i の数値の変化の表示 別に必要なし。
i%=s_msg.length;
i++;
setTimeout('Scrmsg()',delay); // Scrmsg()を繰りかえします。
}

// -->
</SCRIPT>
コメント
<FORM name="myFORM"><INPUT type="text" name="tbox" size="18"> :</FORM>
document.myFORM.tbox.value= "変数 i ="+i; //   i の数値の変化の表示するため
別に必要ありません。
msg0 の空白文字列で最初に表示する位置を調整します。