便利eelife Java Script

   戻る

画面上に左右に拡がるように1文字づつ表示します。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY >
<FORM><INPUT type="button" name="botan" value="スタート" onclick="Loopmsg()"></FORM>
<DIV id="Lyid" align="center"></DIV>
</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
var i = 0, v = 0;  // iは配列 msg[]のカウンタ変数
msg = new Array();  // vは文字列 msg[i]の文字数のカウンタ変数
clr = new Array('lime','teal','blue','fuchsia','red','#000000');

msg[0] = " ようこそ eelifeへ どうぞよろしく!!      ";
msg[1] = " 検索と厳選リンク集のサイトです。   ";
msg[2] = " 一つの検索窓でたくさんの、 ";
msg[3] = " サイトの検索を行うことができます。    ";
msg[4]= " 色に関することはColor Roomで   ";
msg[5]= " 色や文字に関連するJavaScript集もあります。 ";

function Loopmsg() {
txt = msg[i].substring(0,v);
document.all["Lyid"].innerHTML ="<B><font color=" + clr[i] + ">"+ txt+"</font>";
if (v< msg[i].length){
v++;
if (v== msg[i].length){
i++;v=0;}
if (i== msg.length) {// msg.lengthは配列の数
i=0;}
setTimeout("Loopmsg()", 100);//メッセージの変わる速度(単位は千分の一秒)
}
}

// -->
</SCRIPT>
コメント
配列 msg[i] で 0から順にメッセージ取出します。
msg[i].substring(0,v)で先頭から一文字ずつ抜出します。
document.all["Lyid"].innerHTML = tag;で ID名 Lyid にこれを表示します。
innerHTML はhtmlタグ付きの文字列を実行してくれますので
<B><font color=" + clr[i] + ">"+ txt+"</font>"の
font color clr[i] で i番目の色を実行します。
<DIV>タグで位置揃えを中央 align="center"にすると拡がるように表示できます。

('lime','teal','blue','fuchsia','red','#000000') 色の名前、カラーコード

setTimeout()