便利eelife Java Script

   戻る

キラキラ星。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY onload="act();">
<SCRIPT language="JavaScript"><!--
make_Ly();
// --></SCRIPT>
</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
dsp_haniX = 100;  // 発生する星の位置の幅
dsp_haniY = 200;  // 発生する星の位置の高さ
W_top = 0;  // 画面 上からの位置
W_left = 0;  // 画面 左からの位置

ID_suu=7;  // 発生させる星の数、ID名の数です。
i=0; // 色を変える為の変数
v=0; // ID名を得る為の変数
clrs = new Array('lime','maroon','blue','fuchsia','yellow','red','aqua'); // 色を格納するための配列

function act(){
v = Math.floor(Math.random()*ID_suu); // 乱数の発生0〜7(ID名の数)まで
i = Math.floor(Math.random()*clrs.length); // 乱数の発生0〜clrs.length(配列 clrs の色の数この場合は7)
M_x = Math.floor(Math.random()*dsp_haniX);
M_y = Math.floor(Math.random()*dsp_haniY);

Lyid="Hosi"+v; // 乱数との結合、乱数が 3 なら "Hosi"+v で"Hosi3"
document.all[Lyid].style.color = clrs[i]; // 求めたID名の星に clrs[i] の色を表示
document.all[Lyid].style.left =M_x+W_left;
document.all[Lyid].style.top = M_y+W_top;
setTimeout("act()",200); // 関数 act() を繰り返す間隔(単位は千分の一秒)

}

// 星のレイヤーを作成
function make_Ly(){
for (i=0; i<ID_suu; i++)
{
document.write('<div id="Hosi'+i+'" style="position:absolute;top:-100px;left:-100px;">★</div>');
}
}


// -->
</SCRIPT>
コメント