便利eelife Java Script

   戻る

画面上を左から右にスクロールさせます。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY onload="format();">
<DIV style="width : 301px;height : 40px;top : 220px;left : 80px;
position : absolute;
z-index : 1;
visibility : visible;
" id="xypos">ようこそ eelifeの JavaScriptライブラリへ。<BR>
ここでは画面上を左から右に<BR>
スクロールさせる、方法を紹介しています。</DIV>

</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
function format()
{
M_w = document.body.clientWidth;
setTimeout('scroll_msgrht()',100);
}

var M_x=0;
function scroll_msgrht()
{
if(M_x<=M_w){
document.all["xypos"].style.left = M_x;
document.all["xypos"].style.top = 220;
M_x ++;
setTimeout("scroll_msgrht()",5);
}
else{
M_x=0;
setTimeout("scroll_msgrht()",30);
}
}


// -->
</SCRIPT>
コメント
document.body.clientWidth で今開いているページの横幅(右端の位置)を取得します。
M_x ++で レイヤー"xypos"のM_x(X座標)を1ずつ増やして右に移動します。
M_x が M_w より小さい間これを繰り返し同じ数値になればまた左端からスタートします。

setTimeout("scroll_msgrht()",5) : scroll_msgrht()を5ミリ秒単位で呼び出して
実行する関数です。

レイヤーの設置