戻る

下記のソースは確認ボックスの表示ソースです。

当ページのサンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY>
<FORM><INPUT type="button" value="クリック" onclick="kakunin()"></FORM>
</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function kakunin(){
msg= confirm("これでよろしいですか?");
document.write("押された値は< "+ msg +" >です。");
}

//-->
</SCRIPT>

当ページのサンプルソースの<!--HTMLタグ -->の下と
<!--Javascript -->の下のソースを
作成するHTMLソースに貼り付けるだけでスクリプトが作動します。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function kakunin(){
msg= confirm("これでよろしいですか?");
document.write("押された値は< "+ msg +" >です。");
}

//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
<FORM><INPUT type="button" value="クリック" onclick="kakunin()"></FORM>
</BODY>

</HTML>