便利eelife Java Script

   戻る

文字にグラデーションをかけて一文字ずつ表示します@。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY onload ="grad_hitomoji()" >
<P>文字にグラデーションをかけて一文字ずつ表示します</P>
<TABLE width="500">
<TBODY>
<TR>
<TD>
<DIV id="moji" style="font-weight : bold;" align="center"></DIV>
</TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</BODY>

<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
msg="";
str="ようこそ eelifeへ!! 検索と厳選リンク集のサイトです。";
i=0;
function grad_hitomoji(){
if(i<=str.length){
div = 16 / str.length;
v = Math.floor(div*i);
n = "0123456789ABCDEF".charAt(v);
clr = "#"+n+n+"33"+"33";  // カラーコードです
msg=msg+ str.charAt(i).fontcolor(clr);
document.all["moji"].innerHTML =msg;
i++;
setTimeout("grad_hitomoji()",300);
}
else{
i=0;msg="";
document.all["moji"].innerHTML =msg;
setTimeout("grad_hitomoji()",1500);
}
}

// -->
</SCRIPT>
コメント
Math.floor() : 小数点以下を切り下げます。
charAt(v) : 文字列"0123456789ABCDEF" から v の位置の文字を返します。
抜出す文字位置は0から数えます。
カラーコード,色見本
fontcolor(色の名前又はカラーコード) : もじの色です。<FONT color=色の名前又はカラーコード> タグと同じです。

setTimeout(処理関数, 時間間隔) : タイマーを設定します。処理関数を時間間隔で繰り返します。時間間隔は1000分の1秒です。