便利eelife Java Script

   戻る

テキストボックスの設置。









サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY >
<FORM name="myForm"><INPUT type="text" name="tbox" size="25" value="テキストボックス"><BR>
<INPUT type="password" name="tbox1" size="25" value="パスワード"><BR>
<INPUT type="text" name="tbox2" size="25" value="入力文字数制限" maxlength="10"><BR>
<INPUT type="text" name="tbox3" size="25" value="無効化になってます" disabled><BR>
<INPUT type="text" name="tbox4" size="25" value="入力不可になってます" readonly><BR>
<BR>
<TEXTAREA rows="3" cols="20" name="Tarea" onmouseover="chg()" onmouseout="chg1()">複数行テキスト領域
マウスを乗せるとメッセ−ジが変わります。</TEXTAREA></FORM>
</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
function chg(){
document.myForm.Tarea.value="メッセ−ジが変わりました。";
}
function chg1(){
document.myForm.Tarea.value="複数行テキスト領域 マウスを乗せるとメッセ−ジが変わります。";
}
// -->
</SCRIPT>
コメント
<INPUT type="text" : 通常の入力領域。
name : 1行テキストボックスの名前。
size : カラム数(幅)。
value : 表示する値です。
password : パスワードの入力に使用。入力文字がエコーバックされなくなります ******* で表示。
maxlength : 入力できる最大の文字数を指定。
disabled : 無効化にします。
readonly : 入力不可にします。

<TEXTAREA> : 複数行テキスト領域。
rows : 表示する行数。
cols : カラム数(幅)。