便利eelife Java Script

   戻る

サブウィンドウを中央に表示します。



サンプルソース
<!--HTMLタグ </HEAD>の下に挿入してください。-->
<BODY >

</BODY>
<!--Javascript <HEAD>と</HEAD>の間に挿入してください。 -->
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--eelife
size_W=300; //サブウィンドウの幅
size_H=100; //サブウィンドウの高さ

Xpos=400; //サブウィンドウの水平座標
Ypos=500; //サブウィンドウの垂直座標

S_W=window.screen.width; //スクリーンの幅
S_H=window.screen.height; //スクリーンの高さ


//中央の座標を求める
Xpos=(S_W-size_W)/2; //水平座標x
Ypos=(S_H-size_H)/2; //垂直座標y

subName=window.open('subwin.html','_','top ='+Ypos+',left ='+Xpos+',width='+size_W+',height='+size_H+'');
window.subName.document.write("サブウィンドウを中央に表示します。");
window.subName.moveTo(Xpos, Ypos);

// -->
</SCRIPT>
コメント
青色の数値,文字列は御自分に合わせて変更,可能です。

screen : ディスプレイの画面を表すオブジェクトです。
width : 画面の横の解像度(幅)をピクセル単位で返します。
height : 画面の横の解像度(高さ)をピクセル単位で返します。
moveTo(水平座標 left, 垂直座標 top) : ウィンドウを指定した座標に移動します。この場合は中央の座標。
中央の座標は(スクリーンの幅ーサブウィンドウの幅)/2 で求めます。